缶バッジ用データのデザイン方法 DESIGN METHOD

内側の線にデザインが収まるよう設置します。

缶バッジデザイン用のテンプレートを元にデザインを作成してください。

テンプレートのダウンロード

  • PHOTOSHOP
  • ILLUSTRATOR
  • その他ソフトウェア
PHOTOSHOPの説明
ILLUSTRATORの説明
JPEGの説明

缶バッジ用デザイン作成上の注意

・内円の赤い線はあくまでデータ作成時の目安ですのでJPGファイル、PSDファイルでレイヤーの分かれていないものの場合はご入稿時には背景色で塗りつぶしてご入稿ください。

 

・色味に基準のあるお客様は色校正、サンプル提出後の本製作をおすすめいたします。

 

・色校正をご希望の際はカラーチップや色見本をお送りください。
 お客様より色基準に関してご依頼がない場合は当店印刷基準にて製作となります。

 

・複数デザインでご入稿される場合、カラーモードは統一してください。
 異なるカラーモードがデータが混合している場合、CMYKに統一して製作となります。

 


※画像解像度は350dpi程度でお願いします。
※テキストデータは必ずアウトライン化してください。
※画像データは以下のいずれかでお願いします。
・psdファイル
・jpgファイル
・gifファイル
・bmpファイル
・aiファイル(Illustrator ver10以下)

缶バッジ用デザインご入稿前のご確認

Aiデータで特殊なエフェクトをかけて作成されたデザイン等の場合、PCの環境により見え方が異なる場合がございます。お客様がご希望のデザインが当方の環境で正確に再現できているかを確認するため、見本JPEG画像が必要となります。
また、複数デザインがある場合は各個数のご連絡の上、その旨を記載してください。
(デザインAは100個、デザインBは300個、デザインCは50個、など)